ウムリンは40代の不妊治療に効果的なのでしょうか?

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

【世界で唯一のサプリメント】ウメ由来抽出成分「ウムリン」で妊活

ウムリンで40代の人が妊娠できるのか?ウムリンについて、様々な口コミがあるなか特に40代の人の口コミを集めてみました。

40代で妊娠した人の体験談

40代の方が妊娠を望んだ時まず最初に思う事は「年齢的に厳しいんじゃないか?」ということでしょう。確かにそれは事実かもしれません。でも実際には、ウムリンで妊娠された40代の方の体験談はとてもたくさんあるのです。

高齢なこともあり、クロミッドを服用して排卵を誘発していました。ところが、ウムリンを始めてからは、クロミッドを飲まなくてもしっかり卵胞が育ってくれました。それもウムリンを飲み始めて半月位での効果だったので、ほんとに驚きました。 まわりに不妊で妊活している友だちがいるので効果を伝え、すすめていきたいと思います。 ウムリン!ありがとう♪

ウムリン期間 2ヶ月 年齢 41

38才で結婚し少しでも早く子供が欲しいため、不妊治療専門の病院に通い、体外受精(顕微受精)をしました。採卵でなかなか良い卵子が採れず、ホルモン注射に毎日のように通うのはつらかったです。また、義母のなにげない一言が心につきささっても、ガマンしないといけない事も。

病院で勧められてウムリンを飲み始めました。先生には飲んでから卵子が良くなってきたと言われました。自分ではあまり実感はありませんでした。お守りのような気持ちで飲んでいました。

できたと分かった時の感動もありましたが、帝王切開で産まれたとき感動して泣きました。かわいかった。うれしかった。苦労がふきとびました。

3ヶ月になり笑顔をたくさん見れるようになってきました。首がすわるまでもう少しです。

妊活期間  27ヶ月 年齢 41

20代で婦人科系の病気がわかり手術も受けました。結婚を期にすぐ不妊治療をスタート。卵胞数も数なく、段階をふむことなくすぐ顕微授精へ。病院も3度かわり、肉体的にも精神的にも辛い思いをしながら、気づけばすっかり40代に突入していました。

それでもあきらめず、やれることはなんでもやりました。その中でニュースで知ったウムリンは科学的根拠もあるということで、すぐ試してみたのです。

ウムリンを飲んであきらかに良くなったのは受精卵のグレードでした。それでも着床まではいかず、結局10年近く不妊治療を続けてきました。

辛くてしんどい日々でしたが、理解ある夫と家族の支えで焦る気持ちをおさえて地道に治療をつづけてきました。そして、対に妊娠したのです。今回は移植後につとめて気楽に楽しむことにしたのが良かったのかもしれません。

婦人科系の病気や年齢など、不妊症の原因を数多くもちあわせていた私でも妊娠できたことは、不妊に苦しむ皆さんの大きな希望になれるのではと思っています。

ウムリン期間  38ヶ月 年齢 43

これらは公式ホームページの購入者アンケートからの抜粋です。40代の方だけを選びましたが、これらはまったくレアケースではありません。むしろ40代の方の回答が多いのでは?と思えるぐらいたくさんの「妊娠しました!」報告が掲載されています。

気になる人はぜひチェックを…

研究で分かったこと 40代で妊娠できる希望

ウムリンは大学の研究チームが実際に臨床試験まで行い、妊娠率を検証しています。その実際の臨床試験の内容としては、30代から40代の女性で不妊治療を受けていて、DHEAを服用しても効果が見られなかった9人の人を選び、ウムリンを服用してもらいました。結果その中の5人が妊娠したそうです。

一方で、10人のDHEAを服用していない女性にも服用してもらいました。するとその中の6人が妊娠、4人が出産されたということでした。確率からしても、DHEAの服用有無に関係なく妊娠できることが分かりました。

つまりDHEAを服用していなくてウムリン単独でも、妊娠の可能性が高くなるということも分かったのです。しかしこのあたりの判断はドクターごとに変わるかもしれません。

ただこの結果は、不妊治療でDHEAを服用されている方にとって、新たな可能性を開く試験結果でもあります。

また研究が進むと、ウムリンの服用期間は年齢によって長さが変わる事が分かりました。

  1. 34歳未満の人は2か月~6カ月間の服用が推奨されます。
  2. 39歳未満の人は2か月~8か月間の服用が推奨されます。
  3. 40歳以上の人は2か月~10か月間の服用が推奨されます。

データ上で表された期間ですから、必ずこの期間で効果が出るとは言えません。もっと短い人もいれば、もっと長い人も実際にはおられます。

ただ、この推奨期間には40代の方も対象となっています。ウムリンの服用期間は少々長くなりますが、40代の人もチャレンジではなく対象者なのです。

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

ウムリンを不妊治療と併用 その効果とは?

ウムリンは、梅から抽出した成分名ウムリン(UMULIN)をそのまま使っています。そのウムリンは不妊治療と併用することが推奨されています。

ウムリンの誕生は、鶏の産卵率を上げる研究から始まります。この鶏の産卵率については産卵率の大幅な向上ができたのですが、実はその卵の質も良くなり「うめたまご」というブランド化まで発展しました。

この、卵の質が良くなるという結果を人間の不妊治療に転用できないだろうか?というところからウムリンは始まりました。研究は和歌山医大で行われ、その時の「臨床データ」が保存されています。

その結果を要約すると、梅には難治性不妊患者の妊娠率を大幅に向上させる効果があり、ウムリンは顆粒幕細胞を酸化ストレスから保護し良質な卵子を作ることが判明したと結果づけられています。

この部分をちょっと解説すると、卵子の周りには卵子を保護し成長を助ける顆粒膜細胞という細胞があります。ウムリンはこの顆粒膜細胞を酸化ストレス=老化から守る役割があるというのです。

顆粒膜細胞とは卵子のお母さんみたいなもので、卵子に栄養を供給したり、保護したり、成長するまで見守る役目がある大切な細胞なのです。ウムリンは卵子のお母さんを助ける効果があると認められたのです。

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

【世界で唯一のサプリメント】ウメ由来抽出成分「ウムリン」で妊活

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする