ウムリンの購入は、不妊治療のコスパを高める

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

【世界で唯一のサプリメント】ウメ由来抽出成分「ウムリン」で妊活

ウムリンを購入しようと思ったけど高い…と感じられませんでしたか?確かに妊活サプリは、ウムリンに限らずどれもお安くはないですよね。でもウムリンは妊娠した後、つまり妊娠中も飲み続ける人がいるのです…でもなんで?

なぜウムリンが不妊治療のコスパを高めるのでしょう?

ウムリンは妊活サプリの中でも、不妊治療のコスパを高めます。たとえば、他の妊活サプリで葉酸主体のものがありますが、葉酸の役割は基本的に母体を健康にすることと、胎児の生育を正常に保つための栄養なのです。

しかし、ウムリンは卵子レベルに作用する妊活サプリなのです。妊娠するためには色々な要素が必要です。妊娠するために体の環境を整えるという意味では、葉酸もウムリンも同じ役割なのですが、より具体的に妊娠に近づけるのは、卵子に対して作用するウムリンの方なのです。

ウムリンの購入が不妊治療のコスパを高めるというのは、この卵子を活性化する作用にあるのです。たとえば、体外受精の治療で採卵した卵子の品質を上げる…このことで受精率を高まります。

つまりウムリンを服用していると、良い質の卵子が採卵できるようになります。その効果を感じた人の中には、妊娠できた後=妊娠中もウムリンを服用していたという人もいるのです。もちろん、妊娠した後に飲んだとしても特に悪い影響はありません。

卵子の質が良くないと、複数回の体外受精を行うことになります…言葉にすると簡単ですが、1回につき数十万円の費用がかかります。そんな時ウムリンを服用する事で、卵子の質が上げる…すると治療の回数を減らし、コスパを上げられる可能性が高まります。

ウムリンを購入することで、受精率を上げる=不妊治療のコスパを上げられる…もちろんお金だけじゃなくて、精神的にも負担が軽くなるのです。

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

不妊治療は高額な支払いが…でもコスパ高める方法はあるのです

ウムリンは継続購入を勧めています。それは、臨床試験で40歳以上の方は10か月間、3539歳の方は8か月間、34歳以下の方は6か月間は続けることで結果が出ているからなのです。30代の方が68か月の継続がおすすめで、40代の方になると10か月以上…結構長い期間が必要です。当然購入金額も高価になってきます。

そして、不妊治療はタイミング法にはじまり人工授精、体外受精、顕微授精とステップがあります。ステップが上がるに従い治療費も高額になっていきます。

不妊治療経験者のアンケートを見ると、ステップアップの決断は早い方がよいという口コミが多いのです。なぜなら、年齢的なこともあるのですが、費用の面でも早めのステップアップが勧められているのです。

つまり手前のステップで結果が出ないのであれば、そこにこだわって散財するのはコスパが悪いということなのです。ただそれでも体外受精ともなると、1回の治療で数十万円必要になります。うまく行かなければ、複数回の治療を受けることになります。

地方自治体レベルで助成金が出るところもありますが、そうでない地域もまだまだ多くあります。そしてここまで高額になると、ウムリンの購入金額などそれほどの金額には見えないでしょう。

お金の面で心配ないという方はそれほど多くないと思います。なので、妊活のストレスは費用面から襲われる人は多いのです。

そんな時ウムリンが手助けできるのです。その効果については公式サイトの購入者アンケートに寄せられています。特に不妊治療をされている方からの反響が多く寄せられています。

ウムリン公式サイト

ウムリンを購入することは、不妊治療のコスパを上げるとここまで説明してきました。でも、ウムリンを飲む事で妊娠の可能性が高まるという期待は、(確かに費用面のこともありますが)妊活のストレスを減らすひとつにもなると思うのです。

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK