冷え改善を目指すなら…実は梅がいいという話

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

【世界で唯一のサプリメント】ウメ由来抽出成分「ウムリン」で妊活 

梅のどこがいいのでしょうか?

妊婦さんや胎児に梅が効果的ということをご存知ですか?実は冷え予防だけではなく、梅には色々な効果効能があるとされています。

まず、梅には血液をサラサラにする効果、血流改善の効果があるのです。たとえば血流が良くなると、胎児に栄養を届けやすくなること、そして当然ですが新陳代謝がアップします。新陳代謝アップと共に体温の上昇し活性化します。また、荒れやすい妊婦の肌にも良いとされています。

また、血流の改善は冷え性予防にもなります。妊娠出産に冷えは大敵です。流産や死産のリスクが高まる冷えの予防は必ずしなければなりません。

他にも梅には貧血予防効果もあって、普段より血液を多く必要とする妊婦にはぴったりの効果です。血液は胎児にも必要ですし、お産に出血はつきものです。こんな時貧血気味だと命にも関係してきます。

他にも食欲不振改善効果は、つわりに向いていますし、風邪や食中毒予防効果、カルシウムの吸収促進効果、などなど妊婦と胎児に必要な効果が梅には満載されています。

また梅抽出物には、動物実験で確認されている効果として、厚労省でも推奨されている葉酸の吸収力を高める体内をつくる効果もあるそうです。

梅抽出物からできたウムリン

ウムリンという妊活サプリがあります。ウムリンは不妊治療に効果があるとして新聞や、テレビではNHKなどが取材しています。最近では雑誌anan No.2021で「カラダにいいもの大賞2016」を受賞しています。

妊活サプリとしては、NHK等が扱うのは多分初めてではないかと思うのですが、逆に言えばそのくらい信頼性があると言えるでしょう。

これは、医大の研究チームによって研究されその結果は「日本受精着床学会」の雑誌014Vol.31No.1号に掲載されたことが信頼性が高いと評価されたからでしょう。また、実際に不妊治療クリニックでも利用されていることもあります。

ウムリンは梅の抽出物から作られ、不妊治療に効果的であることは認められています。ですが、実際のところその作用の仕組みは解明されおらず、研究を継続している最中なのです。ですが、梅が原材料なので、天延由来成分ですから危険性はありません。

ウムリンの不妊治療効果

ウムリンの効果については、医学的な裏付け(エビデンス)があるのですが、具体的な効果として、

●卵子の顆粒膜細胞を保護する効果

●難治性の不妊に対しての治療効果

があげられます。まず卵子の顆粒膜細胞を保護する効果ですが、卵子には顆粒膜細胞という細胞が取り巻いています。これは、卵子を守り育てる細胞なのですが、老化による酸化ストレスを受けると、卵子自体の細胞まで死んでしまうとされています。

ウムリンはこの顆粒膜細胞を保護する働きがあるのです。特に老化による酸化ストレスから細胞を守る事で、不妊治療に効果的であることも分かってきました。

また、難治性の不妊患者だけに対し実際に臨床実験も行っています。そこで受精率80%という実験結果が得られ、ウムリンの治療効果が信頼性の高いものであることを裏付けています。

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

ウムリンには梅の効果全てがあるわけではないのです

ウムリンは研究され、不妊治療に効果的である事が分かってきました。まだその作用の仕組みに未知の部分があり、研究は続けられています。

一方ウムリンの原材料である梅には、昔から様々な効果があるとされています。この記事のタイトルでもある冷えの改善にしても、梅の成分による血流改善効果が作用します。

ですが、ウムリンの効果は梅を摂取すれば得られる…わけではないのです。ウムリンは梅酢をつくる際に特許技術で抽出生成されるものですから、梅干しや梅酒などでは効果がないのです。

梅は体に良く、しかも妊婦や胎児にもよいとされています。ウムリンは不妊治療の効果は認められても、梅自体の様々な効果が備わっているわけではないので、梅とウムリンどちらも摂取することがよいと思われます。

まずは改善を

妊活サプリを買おうとするときに失敗しやすいこととして、「妊娠を叶えてくれる成分=葉酸」と信じて、葉酸サプリをピックアップしてしまうことだと言えます。葉酸に関しては、胎児の細胞分裂や成長に欠かすことができないビタミンであり、妊娠の期間は使用量が増えます。妊婦さんのことを考えたら、おすすめすべき栄養素だと言えます。ですが葉酸自体が妊娠を叶えてくれるサプリではないのです。

まずは妊活サプリに頼るより、体や生活の改善をするようにしましょう。
生理不順持ちの方は、まずは産婦人科に足を運んで、卵巣に問題がないか診てもらうようにしてください。生理不順がなくなれば、妊娠する確率は高まることは間違いありません。
冷え性改善を目指すなら、方法は2種類あります。重ね着や入浴などで温もるなど間に合わせの方法と、冷え性になってしまった根本の原因を解決していく方法があります。
また、何十年か前までは、女性側だけに原因があると判断されていた不妊症なのですが、実際には男性不妊も多々あり、男女カップル一緒になって治療を実行することも必要不可欠です。

不妊治療の一種

最近、手間も暇も掛けることなしにできる不妊治療の一種としまして、葉酸サプリに人気が集中しており、産婦人科学会の発表会でも、葉酸関連の不妊治療効果を主題にした論文が披露されています。
日本人女性の初婚年齢は、平均しますと29歳だと公表されていますので、ほとんどの方が妊娠したいと考えた時、妊娠力はピーク状態だと言えます。それから後は、下降基調になるというのが正直なところです。
葉酸を補給することは、妊娠の最中にあるお母さんのみならず、妊活に頑張っている方も、とても有用な栄養成分だとされています。更に葉酸の摂取は、女性は当然として、妊活の最中にある男性にも摂り入れて貰いたい栄養成分だとも言われています。
少しでも妊娠の可能性を高めることを狙って、妊娠だったり出産に欠かせない栄養素と、今までの食事で不足しがちな栄養素をカバーできる妊活サプリを買い求めるべきでしょう。
妊娠を希望している段階で、障壁になることがあるのであれば、それを取り除いて不妊治療に取り組むことが大切です。リスクの小さい方法から、ひとつずつトライしていきましょう。

妊娠しやすい人

妊娠しやすい人は、「妊娠しないことを、プレッシャーとして受け止めないようにしている人」、更に言うなら、「不妊状態は、生活の一部だと考えている人」だと思います。
不妊症だと思っていても、現実に子供を作りたいと思い始めたやいなや、赤ちゃんを授かれたという様な体験談だって数々あります。
不妊症で思い悩んでいる女性にとって、具体的な方法はいろいろあります。ホルモン分泌を正常化することで、基礎体温を一定に保持する、冷え性が元で血行が悪くなると、酸素であったり栄養素が卵巣に満足に届くことがなく、卵巣機能が低下するので冷え改善を目指すなど。暮らしの改善は不妊に対しての具体的な方法ですが、気持ちの持ち様もひとつの治療方法なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする