体外受精の体験談から

不妊治療で体外受精を受けた方に体験談を語ってもらいました。もちろん人によって状況は様々ですから、これが一般的なお話ではありません。ただここでは、その体験談の中からいくつかポイントをピックアップして、再構成してみました。

またあくまで体験談ベースのお話ですので、治療の方針や決断等は担当のドクターと相談する事をお勧めします。

体外受精へのステップアップについて

まずは一人めの方ですが、この方は当初タイミング法でトライしていたとのこと…

タイミング法を半年試してみましたが結果は出ずじまい。そこでドクターに子宮卵管造影検査をすすめられ検査したところ、卵管の詰まりが発覚。この状態では体外受精しか子供が授からないと診断され、そこよりも大きな総合病院へ転院しました。

今思うともっと早く子宮卵管造影検査をしていれば、タイミングで半年も様子見はなかったでしょう。

その後、迷うことなく体外受精へステップアップすると、すぐに妊娠したのです。採卵のことを考えれば、不妊治療のステップアップへの決断は、私は早いほうがよいと思います。

多くの人は、自分には問題がないと信じているので(当然のことだと思います)、いきなり体外受精前提の不妊治療にかかることは少ないかもしれません。ただこの方のようになにかしら問題がある場合もあります。やはり最初に検査を受ける事も大事だと思われます。

目標は妊娠すること

目標は妊娠する事ですから、特に年齢が気になる方は早いうちに検査を受ける事で、無駄な時間を費やす事を避けられます。

そして、年齢に関して体外受精についての経験者のアドバイスとして…

最初の子どもを出産後1年で妊娠したのですが残念ながら流産でした。その後半年間妊娠の兆候もなく、流産の影響も気になるので不妊治療専門のクリニックへ行きました。

そこでタイミング療法を半年と、人工授精を半年しましたが結果が出ません。早く次の子が欲しかったこともあって、体外受精にステップアップすることにしました。すると一度の採卵と移植で妊娠し出産できました。やはり妊娠した!というのはすごく嬉しいものでした。

体外受精は身体に負担がかかるし、お金もかかりますが、やはりやって良かったと思っています。ドクターにもいわれましたが卵子は一歳でも若いほうがよいので、迷ってる方は早めのステップアップをお勧めします。

この方も早めのステップアップを勧めています。特に年齢の事を考えると、早い方が有利だという事は間違いないでしょう。

不妊治療、体外受精と聞くとどうしても気持ち的にはマイナスになってしまいます。でもここは前を向いて、未来の我が子を迎えるために決心する勇気が必要かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする