ウムリンとdheaの併用は効果が高いの?

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

【世界で唯一のサプリメント】ウメ由来抽出成分「ウムリン」で妊活 

dheaって妊活で使えるの?

妊活のためdheaはどうかな?と考えておられる人もいると思われます。DHEAは副腎や卵巣から分泌されるホルモンの一種で、日本では医薬品指定されているので、多くは海外からの個人輸入で入手されています。価格は約10005000円くらいです。

DHEAの働きは卵胞内に作用するため不妊治療に使われています。また、体内でもDHEAは生成されるのですが、やはり加齢と共にその分泌量は減るようです。

40歳になるとDHEAの分泌量は、20歳の約半分になるとされているそうで、このことからDHEAを補充する事が卵胞の発育にプラスになると考えられているのです。

このようなことから、DHEAを妊活での利用を考える方もおられれます。ただ、DHEAは本当に必要なのでしょうか?実はそうでもないという結果が実際に出ているのです。

dheaがなくてもウムリンがあれば…

ウムリンは、臨床試験を行ったことはご存知かもしれません。その中で、DHEAを併用した場合、併用しなかった場合で試験を行っているのです。

それは以下の3段階に分けて行われました。

第一段階:ウムリン、DHEA両方とも服用せず

第二段階:DHEAだけ服用した

第三段階:DHEAとウムリンの両方を服用した

この臨床試験の結果、DHEAとウムリンの両方を服用した段階では、何も服用していない第一段階の試験に比べて約2倍、受精率がアップしたようです。

これだけでも、注目すべき結果なのですが、DHEAを服用しても妊娠に至らなかった9人の女性に対して「ウムリンだけ」服用してもらった結果、9人中5人が体外受精(一部顕微授精)で妊娠したという結果もあるのです。

また、「ウムリン」だけを服用させた試験でも10人中6人が妊娠、そのうち4人が出産したという結果も残されています。

このように、DHEAとウムリンを服用した場合もちろん、DHEAで効果が得られなかったけれど、ウムリンを服用したら妊娠した人が50%以上あるという結果を見ると、ウムリンだけでも妊娠率が高くなると言えるでしょう。

DHEAも選択肢のひとつにはなるとは思います。ただ、これは医師の処方が必要ですし副作用も報告されているのでここではあまりおすすめできません。できればウムリンを試してみてはどうでしょうか?

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする