卵子の質を上げるサプリ…卵子の質が上がる理由があります

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

【世界で唯一のサプリメント】ウメ由来抽出成分「ウムリン」で妊活 

ウムリンが卵子の質を上げる

ウムリンは元々鶏の産卵率向上を狙って研究されていました。ところが、産卵率の向上と共に卵の質を上げる効果も認められたのです。この効果を人間に転用できないかというところからウムリンの研究が始まったのです。そしてその研究結果は、ウムリンは不妊治療に効果があると結論づけたのです。

もともとが鶏の産卵率を上げて、その卵の質も上げるという効果が認められているのですから、これを人間転用したら…医学に詳しくない人でも想像できますよね。

ただ、残念なことに人間の卵子は年齢を重ねるにともなって老化が進むのです。また、卵子の質も低下していきます。その上年齢による老化を止められないのと同様に、卵子の老化もまた止められないのです。じゃあなんでウムリンを服用すると卵子の質が上がるのでしょうか?

その理由は、ウムリンは卵子をとりまく顆粒膜細胞を元気にするからなのです。

顆粒膜細胞とは卵子を取り巻く細胞で、卵子が成長から受精するまで保護したり栄養を送るなど、卵子のお世話をする細胞なのです。

もちろん顆粒膜細胞も老化は免れません。でもウムリンはこの顆粒膜細胞の酸化つまり老化を抑える抗酸化作用を持っているのです。卵子の老化を止める事はできません。でも、卵子を守る細胞の老化は止めることができるのです。

ウムリンは医薬ではなくサプリなので、効果についてハッキリ断定できないのですが、最大の特徴は顆粒膜細胞の抗酸化作用にあるのです。その特徴が生み出す効果は、鶏の卵が証明してくれています。

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

効果が医学的に認められた!

ウムリンのカテゴリーはサプリですから、ルールにより効果や効能を宣伝する事はできません。ただ梅から抽出したUMULIN(ウムリン)は医学的に効果が認められているのです。ちょっとややこしいのですが、公式ホームページでの表現はこんな感じです。

UMULIN(ウムリン)のことを大学病院の医師に話したところ、最初は半信半疑だった医師らも、UMULIN飲用後の妊活中の女性の栄養状態を見て本格的に研究をスタート。

レディースクリニックの医師の協力により臨床研究が実現。その結果が学会に認められ学会誌に論文が掲載されることとなりました。

ワノミライカ株式会社公式ホームページより

という表現で、重要な部分ですが流しているような表現です。ただ他のページでは…

ウムリンは2010年に始まった有用性試験で効果が確認され、論文にまとめられました。20143umulinの有用な効果が医学的に認められ学会雑誌(日本受精着床学会雑誌014Vol.31No.1号)に論文掲載。第三者機関の査読を受けてウムリンが完成しました。

ウムリン販売ページ

少し具体的になっています。この中の「第三者機関の査読」というところですが、査読とは論文が発表された後に、同じ実験を行い論文と同じ結果をたどれるか?という事を行うのです。これを経ると研究が認められるのです。

以前某研究所のスタッフ細胞騒動で、追実験が誰も成功しなかったことがありました。

ウムリンはサプリです。そのため効果を訴求できないルールがあるのですが、本当は医学的裏付けがあるのです。

300人限定モニターキャンペーン実施中!初月半月分2,980円!しかもいつでも解約OK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする